医薬品販売について

ア.医薬品販売に必要な許認可証に記載されている情報名

(1)許可の種類 :医薬品店舗販売業
(2)許可番号 :許可番号 第V00746号
(3)発行年月日 :平成30年2月18日
(4)有効期限 :平成36年2月17日まで
(5)開設者氏名 :株式会社メディスンプラス
(6)店舗の名称 :メディスンプラス物流センター
(7)店舗の所在地:大阪府 松原市三宅中7-9-7 トーヨーロジスティック内 1F

イ.郵便等販売届書

(1)届出年月日:平成26年6月12日
(2)届出先:藤井寺保健所

ウ.医薬品販売(相談応需含む)に従事する専門家の情報 (1)

(1)管理薬剤師:稗圃 賢輔
(2)薬剤師免許証 第124203号(長崎県)
(3)当該店舗に勤務する者の区別:薬剤師であることを示すネームタグを着用
(4)担当業務:店舗管理、問い合わせ対応

ウ.医薬品販売(相談応需含む)に従事する専門家の情報 (2)

(1)登録販売者:豊田 浩史
(2)販売従事登録番号 第27-10-00250号(販売従事登録年月日 平成22年2月22日)
(3)当該店舗に勤務する者の区別:登録販売者であることを示すネームタグを着用
(4)担当業務:発送

エ.厚生労働省薬剤師資格確認検索システム

http://yakuzaishi.mhlw.go.jp/search/

オ.専門家が相談応需を受ける連絡先の情報

(1)電話番号:0120-205-904(フリーダイヤル)
(2)相談応需可能時間:営業時間内
(3)緊急連絡先:080-3861-3458/k.hiehata@medicine-plus.co.jp

カ.医薬品に関する注意文言

「医薬品は使用上の注意をよく読み用法・用量を守って正しくお使い下さい」

キ. 医薬品による健康被害の救済に関する制度に関する解説

医薬品を適正に使用していたにもかかわらず、副作用により、入院治療程度の疾病や障害等の健康被害を受けた方の救済を図るため、医療費・医療手当・障害年金などの給付を行う制度です。
医薬品副作用被害救済制度に基づき、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(救済制度窓口/0120-149-931)へご相談下さい。

ク. 現在勤務している薬剤師又は登録販売者、及びその氏名

薬剤師  稗圃賢輔  平日/9:00-17:00(休日:土、日、祝祭日)
録販売者 豊田 浩史 平日/9:00-17:00(休日:土、日、祝祭日)

ケ. 医薬品のリスク分類について

【第1類医薬品】
 【特にリスクが高いもの】一般用医薬品としての使用経験が少ない等、安全性上特に注意を要する成分を含むもの。

【第2類医薬品】
 【リスクが比較的高いもの】まれに入院相当以上の健康被害が生じる可能性がある成分を含むもの。

【第(2)類医薬品】
 指定第2類医薬品。同じく第2類医薬品であるが、その中でも特に注意を要するもの。

【第3類医薬品】
 【リスクが比較的低いもの】日常生活に支障を来す程度ではないが、身体の変調・不調が起こるおそれがある成分を含むもの。

【要指導医薬品】
 【2014年6月12日以降、当店では販売致しておりません】医療用から移行して間もなく、一般用としてリスクが確定していない医薬品、およびその医薬品と有効成分・分量・用法・用量・効能・効果などが同一性を有すると認められた医薬品。また、薬事法第44条第1項・第2項に規定する劇薬、毒薬。

コ. 医薬品の情報の提供に関する解説

以下のように、各々情報提供の義務・努力義務があり、当店では専門家(管理薬剤師)が対応します。

┌─────────┬───────┬──────┬───────────────┐
│医薬品のリスク分類│質問がなくても│相談があった│対応する専門家        │
│(商品名に記載) │行う情報提供 │場合の応答 │               │
├─────────┼───────┼──────┼───────────────┤
│第1類医薬品   │義務     │義務    │専門家            │
│         │       │      │(管理薬剤師)        │
├─────────┼───────┼──────┼───────────────┤
│第2類医薬品   │努力義務   │義務    │専門家            │
│※指定2類医薬品は│       │      │(管理薬剤師または登録販売者)│
│「第(2)類」と表記│       │      │               │
├─────────┼───────┼──────┼───────────────┤
│第3類医薬品   │不要     │義務    │専門家            │
│         │       │      │(管理薬剤師または登録販売者)│
├─────────┼───────┼──────┼───────────────┤
│要指導医薬品   │対面でおこなう│義務    │専門家            │
│         │ことが義務  │      │(管理薬剤師)        │
└─────────┴───────┴──────┴───────────────┘

コ. 医薬品の情報の提供に関する解説(つづき)

(1)医薬品の情報提供について

・販売に関する許可を有することを、トップページ及び会社概要ページに記載しています。
・使用上の注意など、各商品ページに記載またはリンクを設けております。
・各商品ページの情報は、医薬品の外包・使用上の注意に記載される情報をもとに作成しています。
・ご購入やご使用にあたり、ご不明な点は専門家「稗圃賢輔(管理薬剤師)」が対応しております。

(2)商品の陳列について

・当ネットショップでは、医薬品(第2類医薬品・指定2類医薬品・第3類医薬品)と他商品とを明確に区別して表示しています。
・一般医薬品のリスク区分を、商品名および商品説明に明記しています。
・劇薬、医療用医薬品は販売いたしておりません。

(3)お申し込み時について

・当店で販売しております医薬品には、個数制限を設けさせていただいております。特に乱用の恐れのある成分(エフェドリン、コデイン ※鎮咳去痰薬に限る、ジヒドロコデイン ※鎮咳去痰薬に限る、ブロムワレリル尿素、プソイドエフェドリン、メチルエフェドリン ※鎮咳去痰薬のうち内用液剤に限る) を含む医薬品は、お一人様1個とさせていただいております。
・制限個数を上回るご注文をされた場合、ご利用目的を確認させていただいております。
・ご注文内容に関する当店の確認結果によっては、ご注文の変更またはキャンセルをお願いする場合がございます

(4)引き渡しについて

・誤出荷を防止するため、専門家「稗圃賢輔(管理薬剤師)」が確認いたしております。
・ページ内に特に記載が無い場合、使用期限は1年以上の商品をお届けしております。

(5)販売後の対応についてについて

・専門家「稗圃賢輔(管理薬剤師)」がご相談に対応いたしております。
・必要に応じ、お客様にメール等で情報提供をいたしております。

サ. 第1類医薬品のご購入の流れ

【重要】2014年6月12日施行の改正薬事法により「第1類医薬品のご購入の流れ」が下記のように変わります。

Step(1):お客様がご注文されますと、当店の薬剤師からお客様へ『医薬品の情報提供メール』が届きます。
 ↓
Step(2):お客様は、受信された『医薬品の情報提供メール』の内容をご確認後、必ず5営業日以内に当店へご返信ください。
 ↓
Step(3):当店がお客様からのご返信を確認後、ご注文を“正式”に承ります。

----------------------------------

※ご注文だけでは、まだ正式なお取引の受付ではございません。当店の薬剤師からのメールをお客様がご確認し、そのご返信を当店が確認致しましてから正式にお取引を進めさせていただきます。
 お急ぎのところお待たせ致しまして大変申し訳ございませんが、何卒よろしくお願い申し上げます。

※第1類医薬品に限らず、お取引に関しまして重要なご案内をメールでお知らせする場合がございます。当店でお買い物される場合は、ご利用のメーラーは「弊社からのメールを“必ず”受信する」ように設定してください。

※Step(2)のご返信が無い等、当店の薬剤師が不適当と判断致しました場合は、ご注文をキャンセルとさせていただきます。